Home > コラム > 記事:"秋の味覚(秋鮭・さんま)"

秋の味覚(秋鮭・さんま)

秋の気配とともに食べたくなる旬の魚の代表、秋鮭とさんま。
健康に良い栄養素を豊富に含み、価格もお手頃になり嬉しいことづくし。
この時期を逃さず、秋の味覚をご堪能ください。

【秋鮭】

9月から11月に川を遡上し、主に東北・北海道沿岸で漁獲された白鮭を秋鮭(アキアジ)と呼びます。身がきれいなピンク色で脂肪が白い線状に入っているもの、皮が銀色でつややかなものをお選びください。早い時期の鮭ほど身質・色目ともに良く、皮目も銀毛である比率が高くなります。

【さんま】

「さんまが出ると按摩(あんま)がひっこむ」と言われるほど、栄養価が高いと江戸時代から知られていました。特にこの時期のさんまは産卵前で脂がのって美味。身は必須アミノ酸をバランスよく含み、脂は良質な不飽和脂肪酸が豊富なので、脂を落とさないようにすると栄養を逃さずにいただけます。

秋鮭

さんま

秋鮭・さんまを使ったレシピ

新物がでたら、ぜひお試しください!
<携帯の方はこちらから>
さんまのサラダ仕立て
さんまと大根の醤油煮
秋鮭のシチュー
秋鮭のホイル焼き
秋鮭とほうれん草のスパゲッティ
<パソコンの方はこちらから>
さんまのサラダ仕立て
さんまと大根の醤油煮
秋鮭のシチュー
秋鮭のホイル焼き
秋鮭とほうれん草のスパゲッティ

カテゴリー

記事の検索

Rss2.0フィード

このブログのRSSフィード