寒を味わう雪下キャベツのミニメンチカツ

甘くて、シャキシャキ

ザク切り、雪下キャベツたっぷり

一面の銀世界が広がる冬の北海道。雪の下でおいしさをじっくり貯えた、北海道産の雪下キャベツをたっぷり使用したメンチカツです。
雪の下は雪と土壌に挟まれた、適度な温度と適度な湿度が一定に保たれた天然冷蔵庫のパーシャル室。その環境の中で、キャベツは自身が凍結するのを防ぐために、糖度を高めて細胞を守る変化が起きます。これが、雪下キャベツの「甘くて、シャキシャキ」へのおいしい変化なのです。このおいしい変化は、キャベツを獲れたてよりも甘くシャキシャキにする、と言われています。メンチカツの具に使用する雪下キャベツは、みずみずしくシャキシャキとした食感と、強い甘みをより感じることができるように、大きめのザク切りにカットしています。国産豚肉と国産鶏肉の挽肉と混ぜ合わせることで、それぞれが持つ旨みの相乗効果が生まれ、肉汁となって衣からジュワッとあふれ出します。

サクサク、野菜込みパン粉

衣には、北海道産の小麦を使用した野菜パン粉を使用。野菜ペーストを加えたパン粉は、揚げた後の衣の風味とコク、そしてサクサク感がひと味違います。また、油切れが良いことも野菜パン粉の特徴。飽きずにたくさん、メンチカツのおいしさを味わうことができます。食べやすく使いやすいミニサイズのメンチカツです。そのままおかずの一品に、お弁当やホットドッグの具など、色々なメニューでおいしくたのしく食べることができます。

おいしい豆知識

雪の中で保存した野菜の呼び方いろいろ

産地や環境、栽培方法や保存方法によって、雪下野菜、雪中野菜、雪室野菜、越冬野菜、寒中野菜などと呼ばれているそうです。キャベツ、大根、人参、ごぼう、じゃがいも、長ねぎ、りんごなど、様々な野菜があります。

\ SNSでシェア /

what's レシピナビ

毎日の献立にお困りの方の強い味方!「おいしい、カンタン、ヘルシー!」メニューがぎっしり詰まったお役立ちレシピ集です。しかも毎日のお買物に役立つ、オトクな割引クーポン付き。
原信・ナルス各店にて無料設置していますので、ご自由にお持ち下さい。
(設置する部数に限りがございます。予めご了承下さい)