黒瀬ぶり

ぷりぷり、若ぶり

夏に味わう旬

 ぶりの旬と言えば冬。通常5月〜6月にかけて産卵するぶりは、夏には肉質や脂ののりが落ちてしまいます。「黒瀬の若ぶり」は、光や水温を調整することで季節を勘違いさせて早期採卵を行い、稚魚が生まれる季節をずらしています。そのため、一般的な養殖ぶりの品質が劣る春夏に「黒瀬の若ぶり」は旬を迎えます。程よい脂ののりと身のしまり、まさに夏に味わう寒ぶりです。

鮮度抜群、ぷりぷり肉質

 水深が深く潮流の速い九州南部の志布志湾で養殖された「黒瀬の若ぶり」は、一般的な養殖ぶりと比較して運動量が豊富。筋肉を蓄えた肉質はぷりぷりです。水揚げ直後に船上で活〆され、すぐにシャーベットアイスで冷やし込みを行っている「黒瀬の若ぶり」は鮮度抜群。高鮮度のまま、短時間で加工されます。ぷりぷり食感だけでなく、鮮やかな血合いの色も鮮度の良さを物語ります。

程よい脂ののり、甘み

 「黒瀬の若ぶり」の程よい脂ののりと甘みは、給餌されるえさが大きく関係しています。成長段階に合わせて形状や配合の異なる数種類のえさで育てられます。また、水揚げ前には、唐辛子など、天然成分配合のえさが給餌され、過剰な脂肪の蓄積を抑制しています。脂がのりすぎていては、飽きずにたくさん食べることができません。程よく脂がのっている「黒瀬の若ぶり」はたくさん食べても、厚切りでも飽きずにおいしく食べることができます。

おいしい豆知識

人気の寿司ネタランキング

\ SNSでシェア /

what's レシピナビ

毎日の献立にお困りの方の強い味方!「おいしい、カンタン、ヘルシー!」メニューがぎっしり詰まったお役立ちレシピ集です。しかも毎日のお買物に役立つ、オトクな割引クーポン付き。
原信・ナルス各店にて無料設置していますので、ご自由にお持ち下さい。
(設置する部数に限りがございます。予めご了承下さい)