炭で炙った うまだれ焼鳥

お家で「本格焼鳥屋」の味が楽しめる!

備長炭でパリッとジューシー

 備長炭の炭材には馬目樫を使用。火力や火持ちに優れ、鶏肉を焼きムラなくおいしく焼き上げます。ムラなく熱が通った鶏肉は、表面に綺麗な焦げ目がつき、味わい深い香りがつきます。また、炭火は高温で遠赤外線作用があるため、外はパリッと、中はジューシーな焼鳥に仕上がります。
 備長炭で焼き上げるだけでなく、鶏肉の部位の特性に合わせてスチーム加熱やオーブン焼き工程を加えるなど、試作と改良を重ねた焼き上げで鶏肉の旨みを閉じ込めています。

コクのあるうまだれ

 千葉県銚子産の本醸造特選醤油をベースに、熟成蔵出し黒みりんを加えた醤油だれは、深い旨みとまろやかな甘み、芳醇な香りが特徴。鶏肉の旨みがタレにうつることで、より一層深いおいしさへと変化します。

瀬戸内海3種の塩

 塩は、塩角の少ないまろやかな味わいの淡路島の藻塩、マイルドな味わいの鳴門のうず塩、ほんのり甘く食材の旨みを引き出す赤穂の天塩をオリジナルブレンド。噛むほどに、鶏肉の旨みが口の中に広がります。

おいしい豆知識

「炭で炙った うまだれ焼鳥」の種類と特徴

\ SNSでシェア /

what's レシピナビ

毎日の献立にお困りの方の強い味方!「おいしい、カンタン、ヘルシー!」メニューがぎっしり詰まったお役立ちレシピ集です。しかも毎日のお買物に役立つ、オトクな割引クーポン付き。
原信・ナルス各店にて無料設置していますので、ご自由にお持ち下さい。
(設置する部数に限りがございます。予めご了承下さい)