ベビーほたて

洗わずそのまま召しあがれます

陸奥湾の恵まれた自然環境

ほたて貝は育てた年月により大きくなり、用途も異なります。三年貝と呼ばれる大型は主に刺身用、二年貝はボイル加工されて主に冷凍販売、一年貝は小さな姿から「ベビーほたて(稚貝)」と呼ばれて流通しています。

白神山地と八甲田山から栄養豊富な水が流れ込む青森県陸奥湾の恵まれた自然環境で育まれたベビーほたては、強い甘みと旨みが特徴です。

甘味と旨みに覆われています

ほたて貝の旨み成分(グリコーゲンなど)が最も豊富になるのは4月〜7月。この時期に水揚げされたほたて貝を鮮度の良い状態で加工し、急速冷凍しています。

製造工程では陸奥湾の冷却ろ過海水を一貫使用。浸透圧の原理で旨みが逃げません。また、最新式高温加熱スチーマーで一気に加熱、余分な水分を加えないノーグレーズ凍結を行うことで、素材そのままの甘味と旨みを閉じ込めています。

生食でも、加熱調理でも、水洗いせずにそのままお使いください。

おいしい豆知識

毎月18日は「ほたての日」

ほたての「ホ」を分解すると「十八」になる、ということが由来。青森県漁業協同組合連合会とむつ湾漁業振興会によって制定された記念日です。

what's レシピナビ

毎日の献立にお困りの方の強い味方!「おいしい、カンタン、ヘルシー!」メニューがぎっしり詰まったお役立ちレシピ集です。しかも毎日のお買物に役立つ、オトクな割引クーポン付き。
原信・ナルス各店にて無料設置していますので、ご自由にお持ち下さい。
(設置する部数に限りがございます。予めご了承下さい)